コアの社長さんのアドバイスにより、ストレス解消にとブログ始めました。

AIT・LABO ES9018Dual DAC レヴュー記事 No.3

ハイエンド・PCオーディオ for J-ポップ


今回は、 2回目の メールでの やり取りを、 公開しますね。

DAC基盤なんて、 わっかんないので 作ってもらうつもりでした。 



ES9018dpcb[1]









Subject:

DAC製作依頼の件。




返信 ありがとうございます。

USB接続は、 OKのようですね。 よろしくお願いします。



S/PDIFは、 COAXを 2系統で お願いします。

その他に 接続できるものがあれば、 お教えください。



HiFACE・EVOの I2S出力は、 

LVCMOS
(3.3V,25mA 各信号線に対して必要、本体からの電力供給は不可)と、

説明書に 書かれています。



ぜひ、 制作の方を お願いしたいので、 

SONY製のケース使用での 見積もりを おねがいします。



名前: ちゃまダンナ

住所: 〒912 福井県 大野市・・・・・

電話番号: ナ・イ・シ・ョ 









また 次の日、 お返事が!! 






ちゃまダンナ様、 AIT代表・Kです。

お世話になります。



御見積案等を、 以下にお知らせします。



仕様、見積費用
 
 1 dualES9018fullbalance DAC ¥105,000
 2      4トランス電源      ¥25,000
 3       2 coax 入力         ¥5,000
 
           小計   ¥135,000




 4 I2S入力    +¥25,000 (HiFACE・EVO接続可能な場合)
                     
  USB場合は  +¥15,000 (UDA購入費 約¥25,000は、別途です)



ケース等   
 
 組込ケースはSONY製DAS703を仮定していますが、

 ちゃまダンナ様からの、支給となります。

 (解体・加工・組み込みは、別途かかります。)

     


条件等

I2S等について
 

HiFACE・EVOの仕様書を確認させて下さい(mclk周波数が必要です)

HiFACE・EVOのI2S出力はRJ45を用いたLVCMOSの様ですので、


接続時の長さは30cm程度となります。
  
また製作時は動作確認のためHiFACE・EVOを借用させて下さい。


特殊入力は1系統のみですので、追加はできません。

I2SとS/PDIFは同一コンテンツ再生ですが、DSDなら追加コンテンツです。


ElectrArt製UDAを搭載すればUSB経由でDSD/PCM(I2S)再生となり、

内蔵可能です。(USB接続ですので配線長は数m以上可能です)


またSONY製SCD-XE800を改造したDSD(SACD)対応も可能です。

 (LVDS接続ですので配線長は1m以上可能です)



 納期は確定注文後45日以内となります。










う~~ん。。。

SONY製ケースは、 自分で探さなきゃ いけないらしい。。。 




でも・・・・

「製作時は動作確認のためHiFACE・EVOを借用させて下さい」 って、



えっらい、 真面目な人やな~~!!




関連記事
プロフィール

Mac Tools

Author:Mac Tools
現在、ワードプレスで書いてます。

http://digitalaudio.jp/

カーオーディオインストール歴、 20年。
数年前から、ホームオーディオに転向。
オーディオスペースコアさんで聴かせて頂いた製品等、レヴューしております。
もちろん、自宅のシステムでも試聴・実験してます。

週一程度の、更新です。

カテゴリ
最新記事
My 食べログ!!
ブックマーク
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
METER
フィードメーター - オーディオスペース・コアで、試聴会!?